会長挨拶
幹事長挨拶
冬夏会の由来
幹事会組織
会則
東海支部会則
学歌/科歌/校歌
事務局

 冬夏会会則            

総則

第1条 (名称) 本会を冬夏会という。
第2条 (本部) 本部を東京工業大学工学部建築学科内に置く。
第3条 (地方支部) 本会は各地方在住会員の意向により、地方支部を置くことができる。 各地方の区分は北海道、東北、関東、東海、北陸、近畿、中四国、九州の8地区とする。
第4条 (学生部) 本会は学生会員による学生部を置く。

目的および事業

第5条 (目的) 本会は会員相互の親睦向上をはかり、建築に関する学術、技術、芸術の発展に寄与することを目的とする。
第6条 (事業) 本会は第5条の目的を達成するため次の事業を行う。
(1)会員名簿の発行
(2)懇親会・講演会等の開催
(3)母校への支援
(4)その他、目的達成のために必要な事業

会員

第7条 (会員の種別と資格) 会員の種別と資格は次の通りとする。
(1)正会員:東京工業大学工学部建築学科(その前身学校建築科を含む)卒業生、大学院建築学専攻及び建築系専攻修了生、付属工業教員養成所建築学科卒業生、および入会を希望する東京工業大学の卒業生と大学院修了生、学位取得者等幹事会で入会を認めた者とする。
 大学院情報理工学研究科情報環境学専攻建築系
 大学院総合理工学研究科人間環境システム専攻建築系
 大学院総合理工学研究科環境理工学創造専攻建築系
(2)学生会員 東京工業大学工学部建築学科に在籍する学生。
(3)特別会員 東京工業大学工学部建築学科関連の東京工業大学の教官のうち正会員に該当しない教官。
第8条 (会費) 正会員は年会費2000円を各年度毎に納めなければならない。卒業後30年(及び30年以上)を経過した正会員は終身会費3万円を納めることによりその後の会費は免除される。卒業後50年を超える正会員の会費は免除する。学生会員・大学院在籍中の正会員・特別会員の会費は免除する。

2009年1月8日改訂

第9条 (会員の権利) 会員は本会の運営に参加し、会員名簿の配布を受けることができる。ただし、会費を納入しない会員に対してはその名簿の配布を停止することがある。

役員

第10条 (役員の種別)

本会には次の役員を置く。
(1)会長  :1名
(2)副会長 :3名
(3)幹事  :35名(内1名を幹事長とする)
(4)評議員 :卒業年度毎に1名
(5)学年幹事:同一卒業年の会員約10名毎に1名
(6)監査役 :2名
(7)顧問  :若干名

2011年1月13日改訂

第11条 (会長) 会長は、本会を代表し、会務を総括するもので、評議員会が推挙する。
第12条  (副会長)

副会長は、会長を補佐し、必要に応じ会長の職務を代行するもので、1名は幹事長が兼務し、1名は幹事会が推挙する者、1名は建築学科教授で建築学科が推挙する者とする。

2012年1月12日改訂

第13条 (幹事) 幹事は、幹事会が構成するもので、8名を各地区代表とし、8名は東京工業大学教官が、7名は評議員が、1名は大学院生が、1名は学部学生がそれぞれ互選し、5名を会長が指名するものとする。
第14条 (幹事長) 幹事長は、幹事を代表するもので、幹事が互選する。
第15条 (評議員) 評議員は、同一卒業年の会員を代表するもので、各卒業年毎に1名を学年幹事が互選する。
第16条 (学年幹事) 学年幹事は、同一卒業生の会員約10名を代表するもので、各学年毎に互選する。
第17条 (監査役) 監査役は、本会の会計収入を監査し、必要に応じて意見を付するもので、会長が指名し、評議員会が承認する。
第18条 (顧問) 本会には評議員会の推挙によって顧問を置くことができる。
第19条  (役員の任期) 役員の任期は3年とし、重任する場合は原則として1回限りとする。

会議

第20条 (幹事会) 1.幹事会は本会の運営に関する具体案を策定できる。
2.幹事会は幹事長・幹事で構成する。
3.会長・副会長は幹事会に出席することができる。
4.幹事会は幹事長が召集し、随時開催する。
第21条 (評議員会) 1.評議員会は本会の主たる議決機関であり、次の事項を審議する。
(1)会長の推挙
(2)予算および決算に関する事項
(3)事業案および事業報告に関する事項
(4)会則の変更に関する事項
(5)その他評議員会が必要と認めた事項
2.評議員会は会長、副会長、幹事、評議員で構成する。
3.評議員会は必要に応じて会長が召集する。
第22条 (学年幹
事総会)
1.学年幹事総会は、幹事会で策定された各種活動案等の報告を受ける。
2.学年幹事総会は会長・副会長・幹事および学年幹事で構成する。
3.学年幹事総会、必要に応じて会長が召集する。
第23条 (総会) 1.総会は評議員会で審議された事項等の報告を受ける。
2.総会は全会員で構成する。
3.総会は年1回会長が召集する。

会計

第24条 (会計年度) 本会の会計年度は1月1日に始まり12月31日に終る。
第25条 (会計監査) 会計の決算時には監査役により監査を受けなければならない。
第26条 (会計報告) 本会の予算および決算は評議員会の承認を受けなければならない。

事務局

第27条 (事務局) 本会の事務局を、東京工業大学工学部建築学科内に置く。

寄付

第28条 (寄附) 本会の目的を賛助する寄付の申し出があるときは、幹事会の決議を経て受理することができる。

会則の変更

第29条 (会則の変更) 本会会則の変更は評議員に通知し、評議員会において出席者の過半数の賛成を得なければならない。

細則

第30条  (細則) 本会則の運用に関し、必要があれば冬夏会細則を幹事会で定める。