会長挨拶
幹事長挨拶
冬夏会の由来
幹事会組織
会則
東海支部会則
学歌/科歌/校歌
事務局

 会長挨拶            

平井会長のメッセージ

 藤本先生のからのバトンを受け、今年の新年会から会長を仰せつかっています。会の運営は三栖幹事長と幹事の皆さんがアイディアを出し合って、活性化しようと努力してくださっています。その状況は、このホームページにのっていますのでご覧下さい。そして、幹事さんたちの呼びかけに、ぜひ反応していただきたいと思います。同期のグループ、会社の卒業生の会で冬夏会とのつながりを緊密にという話が出ていますが、それだけでなく教員のOBを中心とした集まりもあるはずです。私の回りでは、7月に研究室の集まりが開かれます。呼びかけてみようと思っています。1月の藤岡通夫先生の研究室出身者の会合も恒例になりました。いろいろなところで、冬夏会を意識したいものです。よろしくお願いいたします。

小さな話題

 冬夏会名簿に「建築科歌」と題して、「ナイルの岸の朝ぼらけ・・・」で始まる歌が載っています。これはずいぶん前に学食の二階で行われた、卒業式の後の建築学科の卒業を祝う会だったか、或いは卒業何年目かのクラス会だったかもしれません。その席には、谷口吉郎先生や藤岡先生もいらっしゃったと思います。その会で歌われたときに、私がたまたま小さなテープレコーダーを持っていたことから、録音し後で採譜したものです。テンポを指示するのを忘れましたが、とてもゆったりと歌われていました。そのテープには谷口吉郎先生の建築学科の昔話も録音されているのですが、残念ながら機械が古くなって回らなくなってしまいました。