Research Interest

Update by Takuya OKI on April 8, 2022

研究テーマ(Research Theme)

ビッグデータとAIによる新たな建築計画手法
New Approach to Architectural Planning Using Big Data and AI

車載カメラや航空写真等から得られる建物の内外観画像,不動産物件情報,SNS,人の流れ,視線軌跡といった 多種多様なビッグデータから,AIを活用した画像・自然言語・時空間情報処理によって知見を得る,データ駆動型の新たな建築計画手法を開発しています。
We are developing new architectural planning methods to acquire knowledge from various big data, applying image processing, natural language processing, and spatiotemporal information processing methods based on AI. The data include building interior/exterior images from in-vehicle cameras and aerial photographs, real estate property information, SNSs, people's flows, eye tracks, and so on.


■ 研究業績はこちらをご覧ください(Click here to view publication list)[Japanese & English]

■ 詳細な研究内容はこちらをご覧ください(Click here to view our research themes in detail)[Japanese & English]

これまでの卒業論文・修士論文

<2019(令和元)年度>
【卒業論文】
・鉄道駅構内における迷いによる立ち止まり行動と周辺環境・個人属性の関係
・木造住宅密集地域の魅力構造に関する基礎的分析

<2020(令和2)年度>
【卒業論文】
・ネットワーク分析を用いた病院内動線計画の評価
・Twitterデータを用いたテレワークの実態分析
【修士論文】
・保育所選択行動モデルの構築と地域保育施設計画評価への応用

<2021(令和3)年度>
【卒業論文】
・視線計測技術を用いた建物内歩行者に対する情報提示効果の検証手法
・街路景観変化と印象評価予測の統合シミュレーション技術の検討
【修士論文】
・探索歩行時の視線行動特性を考慮した大規模鉄道駅における迷いやすさの定量化手法
・画像ビッグデータを用いた住宅地における「そのまちらしさ」の新たな定量化手法

その他